ご依頼の流れ

main_low03jpg

税理士事務所をご検討の方へ

法人のお客様における弊社への初回お問い合わせ~ご契約までの流れをご説明いたします。

※通年での顧問契約に関するご相談を想定した内容となっております、決算書作成のみなどスポットでのご依頼につきましてはより簡単に進む場合もございます。

1お問い合わせ

page_thumb01
メール・お電話にてお問い合わせください。
何度かお顔合わせした上でのご相談を基本とさせていただいておりますので、お問い合わせの際にお打合せ可能な日時等もお教えください。
可能であれば過去2期分の決算報告書をあらかじめメールまたは郵送ください。

2決算報告書の確認

page_thumb01
事前にいただいた決算報告書を元に改善点や、ご提案内容をあらかじめ検討いたします。
また決算報告書があれば、代行する作業のボリュームを概算する事が可能です。

3ヒアリング・業務内容のご提案

page_thumb01
(2)で確認した内容をベースに初めてのお客様には税理士業務に関する基本的な事からご説明いたします。
また御社の財務分析もあわせて無料で行っております。
また書面上だけではわからない、現在抱えておられる問題やご要望についてヒアリングいたします。ヒアリング内容を元に御社にとって最適なプランを当社で検討し、ご提案いたします。

4お見積りのご提案

page_thumb01
(3)と合わせてご提案内容に対してのお見積書をご提示いたしますのでご検討ください。
またご提案後ご不明な点などございましたら担当者までお問い合わせください。

5ご契約

page_thumb01
ご提案内容・御見積内容に満足いただけましたら契約の運びとなります。
※ここまでは費用等発生いたしません。

6関与開始

page_thumb01
契約月より御社の顧問税理士として担当いたします。
この際、基本的な経理の一年間のスケジュールや、具体的なやり方を丁寧にご説明いたしますのでご安心ください。
また税務相談等も当日よりお受けいたします。

年間の業務の流れ

現在ご契約中の税理士事務所からの切り替えや、長期的な経営面でのサポートを求めていらっしゃる企業担当者・経営者様へ。
法人のお客様の場合における牧野会計とある企業様との契約から初年度一年間の流れを例としてご紹介いたします。

※このチャートは、3月末決算のお客様(法人)との通年契約を想定した形となっています。

   
3月
  • ご契約
  • 前年度決算書、その他会計資料を元に次年度からの施策を検討いたします。
4月 契約月より書類の保存方法、経費の精算の方法、帳簿の付け方等、日常業務の改善指導と、会計ソフトの導入を行います。その際、社内経理部門・管理部門の方々へソフトの使用手順をご説明いたします(企業規模・導入前の状況によりますがソフトの導入から担当者様が業務に慣れていただくまでには60日~90日が平均的な数値となっております)。
5月

●月次巡回監査

担当者が御社へ訪問しての経理チェックや、今月の経営状況のご報告をいたします。また経営者様・各経理担当者様との税務・経理相談や、経営に関する様々な情報提供や相談もあわせて行います。この一連の作業を月次巡回監査と呼び、毎月定期的に行います。
月次決算の完了した会計データを一旦お預かりし、総合仕訳帳、一覧式総勘定元帳、さらに経営分析資料を作成し、郵送にて提供させていただきます。

6月

●月次決算書の提供

総合仕訳帳・一覧式総勘定元帳・さらに経営分析資料を作成し、郵送にてご提供させていただきます。
初月より今まで決算期でしか把握出来なかった御社の正確な経営状況が一ヶ月単位で把握することが出来る様になり、次の一手を早い段階で打てるようになります。

7月  
8月  
9月  
10月 決算の6ヶ月前より、決算・節税対策の検討に入ります。
11月  
12月 年末調整(オプション)※別途料金が必要です。
1月 3ヶ月前仮決算を行い、より具体的な決算・節税対策を実施します。償却資産の申告(オプション)※別途料金が必要です。
2月 社長とご家族の確定申告(オプション)※別途料金が必要です。
3月  
4月 決算月から決算書の作成に入ります。

  • 決算報告書の作成
  • 税務申告書の作成
  • 5月 決算後40日前後で完成、提出となります。決算日から2ヵ月後が税金の納付期限になりますので、月末までに納付をお願いします。顧問契約は原則として自動更新になります。もし解約をご希望の場合にはこの時にお申し出ください。

    出版書籍の紹介

    業務案内

    インフォーメーション

    NEWS/ブログ